日焼け

紫外線対策チェッ~ク!

先日、レンタルショップが半額デーだったので、DVDを借りてきました^^

4つ借りたんだけど、昨日は、その中の「50回目のファーストキス」っていうのを観ました。

寝ると、1日の記憶がリセットされてしまう、女の子の話♪

でね、男の子がその女の子を好きになって、仲良くなるんだけど、次の日には、忘れられてしまうので、毎日毎日、仲良くなろうと、あの手この手で頑張るんですよ!

ちょっとかわいそうだったんだけど、すごくいいお話でしたね^^

機会があったら、ぜひ、見てください☆

オススメです^^

そんなことより、体やっぱダメだぁ!

はじけすぎた、テニスのせいだ。

今日、左の腕が上がらない・・・

おしりも足も背中も、痛い・・・

実は、今日もジムなんだけど、体が動くかどうか。。。

ユリポアの道は、険しいなぁ(><)

さて、心が折れかけてる弱虫ユリポアの話はさておき、今日は、紫外線対策チェック~☆

日ごろから、日焼け防止のために、どれだけ対策をしていますか?

YESの数を数えてみてね^^

  • 通勤、お買い物などの、ちょっとした外出でも、日焼け止めを塗るようにしている
  • 海や外でのスポーツのときは、日焼け止めを、定期的にちゃんと塗りなおす
  • 肌は、絶対に焼くもんか!と思っている
  • ガラス越しでも、日光は避ける
  • 紫外線の強い時期や、暑い時間帯の外出のときは、帽子をかぶったり、日傘などで直射日光を避けるようにしている
  • 曇りの日でも日焼け止めはつける
  • 年中、日焼け止めや美白効果のある化粧品を使っている
  • 夏でも、長袖や濃い色の服を着ている
  • 淡い色のサングラスをよくかける
  • 家の中が暑くならないように、ブラインドを下ろしたり、すだれをかけたりしている

いかがでしたか?

これは、YESが多ければ多いほど、気をつけてる証拠^^

7個以下の人は、ちょっと油断気味かもですよ!

3個以下のあなたは、危険!!

紫外線対策をちゃんとしたほうがいいです!

特に色白で、日焼けしても肌が赤くなっちゃう人は、要注意です^^

浴びすぎには、十分気をつけてくださいね!

さて、ここで、紫外線のちょっとした豆知識♪

空気って汚れているところでは、日光が直接当たってなくても、当たってるのと同じ影響があるんです!

紫外線は、汚れた空気の中では、散乱するんです。

その散乱した紫外線と、太陽から直接あたる紫外線の量って、なんと!ほぼ同じ!!

例えば、背中から太陽の光を浴びているだけでも、真正面から浴びてるのと同じってことなんですよ!

怖すぎ!

油断できません(><)

それから、照り返しも、気をつけなければなりません。

照り返しが一番強いもの、それは、意外にも、新雪なんです!

スキーに行ったら、雪焼けして、冬なのに顔が黒くなっちゃった・・・って人いますね^^

それは、照り返しが強いからです。

それも、地面にあたる、80%が照り返すというから、冬でも怖いのです!

スキーに行くときは、ぜひ、日焼け止め塗らなきゃですね!

夏に限っては、砂浜が一番、強いです。

その次は、海やアスファルト。芝生などはちょっとましだと思います。

見落としがちな、照り返しも、紫外線は多いですから、要チェックですよ!

そして、サングラス。

真っ黒なサングラスをかけるのは、タブーって知ってましたか?

真っ黒で、大きいものはまだいいのですが、小さめのものは、危険!

そんなのをかけるくらいなら、かけないほうがいいです!

目の前が真っ暗だと、瞳孔が開いてしまいます。

その開いたところに、サングラスの隙間から、光が入ると、ダメージ倍増!

白内障の原因にもなるので、要注意!

できれば、UVカット効果のある、淡い色で、大きいサングラスをかけてください。

それから、コンビニなどにある、殺虫蛍光灯も、危~険!

あの、むらさきで、虫が近寄ったら「バチッ」てなるヤツです。

あれは、紫外線を利用したものなので、直接見ると、目がやられますよ!

浴びすぎると、危険な紫外線。

正しい予防を、日ごろから、こころがけてくださいね^^

ジムに行くのをためらっている私にワンクリックを!

ポチッとよろしくお願いいたします!

人気blogランキングへ

人気ブログ検索 - ブログフリーク

| | コメント (10)

日焼け防止対策!

昨日、ジムに行ってきました~^^

夜なのに、珍しく人がいっぱい!

一緒に行った子に、「平日やのに、なんでやろ?」と言うと、「花金やからや!」だって。

全然、違うよ。

水曜日ですやん。

自慢げに言い放ってましたが、残念!

そんな、かわいいボケっぷりの彼女と、いつも行ってるんだけど、昨日は人が多すぎて、マシンがあいてなかったんです!

仕方ないので、他のことをしようと、キョロキョロしていると、テニスコート発見!

テニスは2人ともやったことがなかったのですが、ものは試し☆

運動にもなるし、やってみることにしました^^

案の定、びっくりするくらい、2人ともへたっぴ・・・

距離感が分からないので、ボールがあたらず、スカッ!

でも、おもしろくて、キャッキャキャッキャ言いながら、やってたんですけど、私達は、すごいことを思いついたんです!

右手(利き手)で練習すれば、誰でも(?)上手になるけど、左手でやるって、絶対難しいはず!

どうせ、やるなら、左手でやって、うまくなったら、めっちゃかっこいい~♪

右脳も働くしね^^

と、いうわけで、これからは、テニスを毎回、左手ですることにしました☆

目指せ、シャラポア!

ま、その前に、ばっちり筋肉痛ですけどね^^;

おしりと、左腕が上がりません(><)

長老だからね・・・

はじけすぎると、後がきついね・・・

さて、老体にムチを打ちまくりの話はさておき、今日は紫外線を防止するためにはどんなことをしたらいいかをお話したいと思います。

簡単にまとめてみました!

▼紫外線の強い時間帯、午前10時~午後2時はできるだけ外出しない。

▼紫外線は窓ガラスを通過するので、室内でも注意する。

▼自分に合った日焼け止めを塗る。

▼保湿効果のあるローションなどを使う

▼紫外線をカットする効果の高い服(厚手で黒っぽいもの)を着て、露出も少なくする。

▼外出するときは、帽子をかぶる。(つばの大きいものがいい)

▼UVカット処理されたサングラスをかける。(フレームは大きいほうがいい)

▼外では、なるべく日陰を利用する。

▼日傘は黒いものを使う。

こういった予防をすると、過剰な紫外線を浴びるのを防げます^^

過度の紫外線は、体にはとっても負担になります!

前にもお話したように、色白で日光に当たるとすぐ赤くなるけど、元に戻ってしまう人は、紫外線の影響を受けやすいです。

やけどみたいになったり、皮膚ガンになる可能性も高い肌なんですよ。

逆に色黒で、日光にあたっても赤くならずに、すぐ黒くなる人は、紫外線には比較的強いですね!

ただし、シミやシワができやすいタイプの肌。

紫外線に強いからと言っても、油断は禁物ですよ!

どちらにしても、紫外線を浴びすぎると、体にはよくないので、それぞれに、きちっとした対策が必要になります。

女性は特に、日焼け止めを塗る方が多いと思いますが、塗るときの注意点として、絶対に日焼けしたくないからといって、いつもいつも、ばっちり日焼け止めは、ダメですよ!

日焼け止めは、刺激が強く、お肌には負担になるので、肌荒れのもとです。

ですから、海やバーベキューなど、外に長い時間いるときは、ばっちりのものでいいですが、出勤するときやちょっとした外出のときは、軽めのものにしてください!

最近は、ファンデーションなどに日焼け止めが配合されているものも多いですので、そういったものを使用するなら、わざわざ日焼け止めを塗らなくてもいいくらいです。

夏の肌荒れに困っている人は、日焼け止めを、もうちょっと軽めのものにしてみては?

きっと、肌の状態が、全然変わってきますよ^^

紫外線をうまく防止して、快適な夏を過ごしましょ♪

ユリポアにワンクリックを!

ポチッとよろしくお願いいたします!

人気blogランキングへ

人気ブログ検索 - ブログフリーク

| | コメント (9)

紫外線に負けない食べ物!

昨日は、天神祭りに行ってきました~♪

お祭りは、大好き!

花火に屋台☆

ウキウキしちゃいます^^

行ってすぐに、おみこしを見ることができました!

しかも、先頭♪

間近で見る、おみこしは、すごくきれいでした^^

でも、ほんと重そう・・・

ん?よく見ると、かついでるの、おじちゃんばっかり!

大阪のおじちゃんたちは、あついねっ♪

すばらしいっ!

そんなこと思って見てると、ボーン、ボーンと花火の音が聞こえてきました!

急いで、見えるところに移動しようと、歩いていったんですが・・・

どこに行っても見えない・・・

ビルの背が高すぎて、何にも見えない・・・

花火の音は、いっぱい聞こえるのに、空は赤や青に光っているのに、肝心の花火は、さっぱり見えない(;;)

何とか、ビルとビルの隙間から、見えるところがあって、そこで見ることに。

でも、見えるといっても、大きな花火の火花5,6コ分くらい。

み、見た気が全然しないんですけど・・・

わ~ん!

もっとちゃんと見たい~!

聞くところによると、大阪の花火とは、こんなものらしい・・・

ちゃんと見ようと思うと、ものっすごく早い時間から場所取りをするか、高いお金を払っていい場所をゲットするかなんだって。

普通に花火を見るだけでも、大阪みたいな街では、難しいんだなぁ・・・

なんだか、かゆいところに手が届かないっていうか、おやつが目の前にあるのに「待て!」って言われてる、ワンちゃんの気分でしたね^^;

仕方ないので、あきらめて、りんご飴とベビーカステラを買って、帰りました^^

よし!

リベンジだ!

来週、絶対にどっかのお祭り見つけて、花火見るぞっ!

さて、悲しきお祭りの話はこれくらいにして、今日は、紫外線を浴びてもダメージをうけない体作りのための食べ物のご紹介です^^

日焼けをしてから、あわてて対策をする前に、日ごろから栄養をたっぷりととって、紫外線のダメージをうけない体を作りましょ♪

★ ビタミンC

紫外線によって皮膚に発生する活性酸素を抑え、コラーゲンを作るのを助けます。

シミ、シワには、とても効果的♪

ブロッコリー・芽キャベツ・赤ピーマン・カリフラワー・いちごなど

★ ビタミンE

活性酸素を抑えます。

ビタミンCと一緒にとると、効果的!

はまち・うなぎ・アーモンド・かぼちゃなど

★ β-カロテン

必要な分だけビタミンAに変わります。

ビタミンAは、発ガンを抑えたり、皮膚の免疫力やバリア力を正常に維持する働きがあります。

ビタミンAに変わらなかった、β-カロテンは、活性酸素を抑える働きをします。

モロヘイヤ・春菊・ほうれん草・小松菜など

★ ビタミンB2

細胞の再生や成長を促します。

皮膚の新陳代謝を高めてくれるので、日焼け後の回復も早まります。

レバー・うなぎ・いわし・ぶりなど

★ 亜鉛

細胞の再生のための重要な栄養。

亜鉛が不足すると、紫外線に対する皮膚の抵抗力が低下します。

かき・うなぎ・牛もも肉・鶏ささみなど

★ セレン

紫外線で酸化した皮膚の細胞の分解をします。

ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンと一緒にとると、発ガンを抑える働きもあります。

しらす干し・小麦胚芽・玄米・ぬかなど

★ L-システイン

皮膚に強い抗酸化作用を与え、皮膚の細胞を守ります。

メラニンができるのを抑えたり、できてしまったメラニンを少なくします。

シミを防ぐ効果や、薄くする効果もあります。

豚レバー・ハチミツ・卵・ねぎなど

これらをまめにとっていると、少々紫外線にあたっても、自分の体を守ることができます^^

また、サプリメントとしてとる場合も、これらの栄養成分をとるようにするといいですね!

日焼けしちゃった後でも、効果的なものばかりですので、すすんで食べましょう☆

お祭り好きの私にワンクリックを!

ポチッとよろしくお願いいたします!

人気blogランキングへ

人気ブログ検索 - ブログフリーク

| | コメント (12)

紫外線って悪者?

今日、午後1時ごろに、地下鉄に乗ったときのこと。

そんなに車内は混んでなかったんだけど、すんごい若者たちを発見しました。

年は、たぶん17、18歳くらいかな?

最初に目に入った子は、5~6人がけの一列のいすに、寝転がってた!

その端っこには、おじいちゃんがちょこんと座っていたんだけど、そのおじいちゃんの方に、足をむけて、靴を履いたまま、横になってるんですよ!

ほんと、ビックリした!

そして、その友達が、扉の前で、あぐらをかいて座り込んでるんです・・・

しかも、その子は女の子。

もう一人の友達は、向かいのいすの上のつり革にぶら下がって、寝転がってる子に、蹴りを入れてる!

そして、もう一人の友達は、その姿を、写メールでとりまくり。

ああ・・・世も末だな・・・

ものすごく腹が立って、ずっとにらんでたんだけど、おかまいなし。

偶然、降りる駅が一緒だったので、改札までいくと、なにやら、怪しげで、

「お前、通れた?」

「通れた、通れた!」

とにやっと笑って立ち去っていきました。

やつらは、何をしたんだろう?

もしや、子供切符!?

何かは、結局分かんなかったんだけど、もう、あのマナーの悪さには、ビックリしました。

私が空手とかボクシングの達人なら、即座にとっ捕まえてるところですが、悲しいかな、ひ弱なもので(;;)

なんだか、悔しいやら、腹立たしいような、なんともいえない気分になりましたよ・・・

私の若い頃は、こんな子、めったにいなかったのに・・・

時代は、めぐってるなぁ・・・

さぁさぁ!そんな嫌な気分をぶっ飛ばすためにも、今日も、いっちゃいましょう!

今週は、紫外線についてのお話です。

みなさん、日焼けって、どういうメカニズムで起こるか知っていますか?

紫外線の刺激が強くなると、肌を守るためにメラノサイトという細胞に「肌を守れ~!」という信号が伝わるんですね!

そして、「ラジャー!」とその信号を受けたメラノサイトメラニン色素という壁を作って、守ろうとするんです。

メラニン色素は、黒いヤツ!

そう、これが、日焼けすると色が黒くなるってこと。

小麦色は、体を守っている証拠だったんですよ!

普通は、肌が生まれ変わるのと同時に、だいたい1ヶ月くらいでメラニン色素も消えていくので、またもとの色にもどっていくんですが、紫外線のダメージが強すぎたり、何回も何回も日焼けを繰り返すと、メラノサイトが、頑張り続けて、メラニン色素を作りまくるんですね。

その結果、メラニン色素が肌の奥の方まで、入り込んでしまって、沈着をしてしまう・・・

これが、シミの原因です。

色黒の人は、もともとメラニン色素が多いため、普通に紫外線を浴びても異常に増えることは、あまりないですね!

問題は色白の人。

日焼けした後、赤くなって、黒くはならないタイプの人。

このような人は、色黒の人と同じ量の紫外線を浴びても、メラニン色素の増え方が、異常になっちゃうので、要注意!

過度の紫外線を浴びると、日焼けじゃなく、やけどになるので、ほんと危険です!

しかも、紫外線は、遺伝子を傷つけるのが、やっかい(><)

シミ、シワができたり、皮膚がんになったり、目にあたると、白内障にもなったりします!

おそるべし、紫外線!!

でもね、紫外線って、ほんとは体にいいものなんです^^

え?意外ですか?

でも、太陽の光がないと作物も育たないし、花だって草だって育たない。

動物も人間も生きていくことができなくなりますよね?

そう思うと、陽の光って私達にとっては、大事なもの♪

もちろん、それだけじゃありません。

紫外線の種類は3つありますが、その種類別にいいところを見てみましょう!

【UVA】

細胞を活発にして、その生まれ変わりを促進させる

  • 骨や歯を強くする
  • 乳がんにかかりにくくなる
  • 気分を憂鬱にさせるホルモンの分泌が抑えられるので、明るくなる
  • 食欲がコントロールされるので、ダイエット効果が期待できる
  • 発疹・ニキビ・慢性皮膚炎などの改善に効果的
  • 体内時計をコントロールするため、時差ボケや不眠症などにも効果大

【UVB】

ビタミンD3を作る・・・食べ物から摂れないので、紫外線を浴びてしか作れない

  • 骨を丈夫にし、運動神経をよくする
  • 体全体が軽くなり、体力が増す
  • 免疫力を高めるので、風邪をひきにくくなり、病気の回復も早まる

【UVC】

殺菌作用がある

  • 布団干しや洗濯などでは、乾燥と同時に殺菌消毒できる
  • まな板やふきんなども直射日光をあてるとよい

暑くなると嫌われてしまう紫外線。

実は、こんなにたくさん、メリットもあったんですよ!

しかし、これらは、適度に浴びたときのお話。

くれぐれも浴びすぎると、体には毒になりますので、お気をつけくださいね^^

最近の若者についていけない私にワンクリックを!

ポチッとよろしくお願いいたします!

人気blogランキングへ

人気ブログ検索 - ブログフリーク

| | コメント (7)